SHUEI 英語ラボ

英語教育の今が分かる!
一歩先行く学習を目指す、英語教育情報サイト

2018.08.21

英語学習

今からどう備える? 新しい大学受験対策。

新テストには記述問題があります!

2020年度より、現在の大学入試センター試験に代わり、「大学入学共通テスト(以下共通テスト)」が実施されます。このテストでは記述式の問題が導入されることになりました。
 
なぜ記述問題を導入するのか?それは社会のさまざまな変化に対応できる人材を育成したいというねらいがあるからです。
 
解答を与えられた選択肢の中から選ぶだけでなく、自らの力で考えをまとめたり、相手が理解できるよう根拠に基づいて論述したりする能力を問うために、記述問題を採用する方向になりました。
 
 
 英語においても、「読む」「聞く」が主体の試験から、「話す」「書く」までを網羅した4技能をはかる試験への変更が検討されています。
 
ただし、全生徒一斉に行うのは難しいため、大学入試センターが認定した資格・検定試験の結果が活用される(大学入試英語成績提供システム)こととなります。
 
つまり、英語に関する資格や検定試験のスコアが大学に行き、合否に関わってくるということです。(※2023年度までは共通テストも実施され、資格・検定試験と共通テストの結果と、どちらを活用するか、もしくは両方を活用するかというのは各大学に委ねられます。)
 
     
 既に国公立・私立大学の中には、英検やTOEIC、TOEFL等の一定の資格やスコアが出願要件になっていたり、加点され有利になったり、得点換算されたりする学部・学科があります。
 
 例えば早稲田大学では、英語4技能利用型の一般入試を実施している学部があります。指定された外部試験のスコアが基準を満たしていれば、大学独自の英語試験は免除。国語と地歴の受験となります。

小学生のうちにできる準備とは?

 グローバル化が進む中で、今後受験生に求められる英語のスキルもより高くなっていくことは明らかです。
 
 当然そのために、学校での学習内容のレベルは上がり、習得しなければならない英単語の数も大幅に増えます。4技能全てをはかるように変更されるため、学校での学習内容そのものも変わってきます。
 
 この変化にどう対応していくかがカギとなります。まずは英語の音声に慣れ親しみ、「英語が楽しい!」という気持ちになることが大切でしょう。そのうえで、「聞く」「話す」ことに加え、積極的に「読む」「書く」力を伸ばしていくことが必要です。
 
正しい文法、単語ひとつひとつを丁寧に身に付けていくために、学校以外での英語に触れる機会や学習時間を確保したいものです。
 
参照資料:文部科学省「高大接続改革」より(登録:平成29年10月)

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。

他の記事を読む

2018.11.13

小学校の新英語教材「We Can!」。 具体的にはどう変わった?

新小学生英語 英語学習

2018.10.30

早いうちに英語を学ぶと良い本当の理由

新小学生英語 英語学習

2018.10.16

どうして日本人は英語が苦手になってしまうのか?

新小学生英語 英語学習

2018.10.03

主体的に学ぶ フォーカス・オン・フォームの時代へ

新小学生英語 英語学習

2018.09.20

「デジタル教科書」が 正式な教科書に!

地域事情 新小学生英語 英語学習

小学生英語に関する
ご質問やご相談はこちらからお気軽に!

他の記事を読む

2018.11.13

小学校の新英語教材「We Can!」。 具体的にはどう変わった?

新小学生英語 英語学習

2018.10.30

早いうちに英語を学ぶと良い本当の理由

新小学生英語 英語学習

2018.10.16

どうして日本人は英語が苦手になってしまうのか?

新小学生英語 英語学習

2018.10.03

主体的に学ぶ フォーカス・オン・フォームの時代へ

新小学生英語 英語学習

2018.09.20

「デジタル教科書」が 正式な教科書に!

地域事情 新小学生英語 英語学習