SHUEI 英語ラボ

勉強の悩み・疑問をスッキリ解消!
小中高生のための勉強サポートサイト

2020.10.19

中学生向け

【中学英語】hear と listen の正しい使い分け

「聞く」の意味を持つhearとlistenの違い

映像授業を視聴することで、より理解が深まります。

 

「聞く」という意味のhearとlisten、2つの動詞の基本イメージをつかみましょう。

 

hear
~が聞こえる, 耳にする ⇒ 自然と聞こえてくる
[例]Can you hear me? 聞こえていますか?

 

listen
注意して聞く, 耳を傾ける ⇒ 主体的に聞く
[例]Listen, carefully. ちゃんと聞きなさい。

 

hearとlistenの違いは簡単にいうと、「意識して聞いているかどうか」です。

以下のようなイメージでおぼえておきましょう。

 

 

ここで問題です。

次の英文に2箇所空欄がありますが、それぞれhearとlistenのどちらが入るでしょうか?

 

I was(  )to music when I(  )the phone ring.

電話の呼び出し音が聞こえたとき、私は音楽を聞いていました。

 

まず「電話の呼び出し音が聞こえたとき」は、呼び出し音が自然と耳に入ってきたのでhearです。

ただし、時制が過去なのでheardに変化します。

 

一方「私は音楽を聞いていました」は、音楽を意識して聞いていたのでlistenを使います。

こちらは、時制が過去進行形なのでlisteningに変化させましょう。

 

答:I was listening to music when I heard the phone ring.

ちなみに、「“~を”聞く」というときにはlistenの後にtoをつけなければいけません。ここも大事なので、忘れないように。

 

 ★映像授業を視聴して、さらに理解を深めよう! 動画を観るにはここをクリック 

 

次の記事 ⇒ speak と talk の正しい使い分け

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。

他の記事を読む

2020.11.16

【中学歴史】吉田茂内閣における重要ポイントをピックアップ

中学生向け

2020.11.09

【中学英語】tell と say の正しい使い分け

中学生向け

2020.11.02

【中学英語】speak と talk の正しい使い分け

中学生向け

2020.10.19

【中学歴史】足利尊氏:鎌倉幕府を裏切った男は情にもろかった!?

中学生向け

2020.10.12

【中学英語】look, see, watch の正しい使い分け

中学生向け

SHUEI勉強LABOについての
ご質問やご相談はこちらからお気軽に!

他の記事を読む

2020.11.16

【中学歴史】吉田茂内閣における重要ポイントをピックアップ

中学生向け

2020.11.09

【中学英語】tell と say の正しい使い分け

中学生向け

2020.11.02

【中学英語】speak と talk の正しい使い分け

中学生向け

2020.10.19

【中学歴史】足利尊氏:鎌倉幕府を裏切った男は情にもろかった!?

中学生向け

2020.10.12

【中学英語】look, see, watch の正しい使い分け

中学生向け