SHUEI 英語ラボ

勉強の悩み・疑問をスッキリ解消!
小中高生のための勉強サポートサイト

2021.07.28

中学生向け

【英語】絶対に覚えておきたい助動詞のニュアンス

can, will, may, must, shouldを使った表現

助動詞はその名の通り、「動詞に意味を添えて助ける(補助する)ことば」です。必ず後ろには、動詞の原形が置かれます。3単現のsがついたり、過去形になったりはしません。言い換えれば、助動詞の後ろにくる動詞は主語や時制の影響を受けない、ということです。

 

以下では、can, will, may, must, shouldという5つの助動詞を紹介します。

それぞれが持つ本来の意味をしっかり理解していきましょう。

 

■ can

 

助動詞canの意味は<~することができる>です。

例文を見てみましょう。

 

I can run fast.

私は速く走ることができる。

 

Mr. Mitsuseki can cook well.

三関先生は上手に料理をすることができる。

 

Mrs. Kasuya can eat many eggs.

糟谷先生はたくさんの卵を食べることができる。

 

これらは自然に訳すことができますよね。

では、次の例文はどうでしょうか?

 

You can eat my cake.

 

先ほどと同じように訳せば「あなたは私のケーキを食べることができる」となりますが、家族や友人に対してこのような言い方をするでしょうか? ちょっと不自然ですよね。

 

「食べることができる」というのは、つまり「食べてもよい」ということ。

ですから、「私のケーキ、食べてもいいよ」などと訳すのが自然です。

 

You can go home.

 

こちらも同様に、「あなたは家に帰ることができる」つまり「家に帰ってもいいですよ」という意味になるわけです。

 

このようにcanには、<~してもよい>という許可の意味もあります。

 

■ will

 

willは「~でしょう」「~するつもりです」という意味の、未来を表す助動詞だと習うことが多いと思います。

しかし、このような日本語からは想像しづらいですが、willには話者の<強い意志>が込められているのです。

 

例えば、父親に結婚を反対されている女性が、次のように言ったとします。

 

I will marry him.

 

この場合、私は「絶対に」彼と結婚するんだ、という強い意志を表しているわけです。

 

他にも、買い物をしていて「それにします」という時は、willを使って次のように表現することができます。

 

I’ll take it.

 

ここでも「買う」という自分の意思を、willで示しているがわかりますね。

 

また、willは<これからの見通し>を表すのにも使われます。

 

She will be a good teacher.

彼女はよい先生になるでしょう。

 

He will miss the train.

彼は電車に乗りそこなうでしょう。

 

これらの文では、本当に「彼女がよい先生になる」のか、「彼が電車に遅れる」のかはわかりません。

しかし、この話し手はwillを使うことで、強い確信をもって「そうなるだろう」と言っています。

 

なぜwillが未来形で使われるかというと、いま説明したような<意志>や<見通し>といったwill本来の意味が、未来を表すのに適しているからです。

 

■ Can you ~ ? / Will you ~ ?

 

canやwillを使ったこれらの表現は、<~してくれませんか?>と相手に依頼をするときの表現です。

 

Can you help me?

Will you help me?

 

これらはどちらも、「私を手伝ってくれませんか?」という意味になります。

2つのニュアンスの違いは、各助動詞の元々の意味をふまえるとわかりやすいです。

 

canには<できる>という意味があるので、Can you help me?には「できるならば…」「都合がつくならば…」といったニュアンスが含まれます。

一般的にCan you~?は、親しい人に対して気軽に依頼をするときによく使われると、おぼえておきましょう。

 

一方、willは<意志>を表すので、Will you help me?は「手伝う意思はありますか?」という意味合いになります。

 

■ may

 

mayには<~してもよい>という許可の意味があります。

canにも許可の意味がありますが、それよりもmayは堅苦しいイメージです。

 

You may go now.

もう行ってもよろしい。

 

例えば、先生から生徒へ、親から子へといったように、立場が上の人から許可が与えられるときにmayが使われます。

 

そしてmayは、<~かもしれない>という推量の意味を表すこともできます。

 

He may lose his job.

彼は仕事を失うかもしれない。

 

日本語で「かもしれない」と言われると、その確率がどれくらいなのか曖昧ですが、mayの「かもしれない」はほぼ50%。そうなる可能性とならない可能性が、およそ半々のときに使われます。

 

したがって、He may lose his job.と言った人は、彼は仕事を失うかもしれないし、同じくらいの確率で失わないかもしれない、と考えているわけです。

 

■ must

 

助動詞mustの意味を「~しなければいけない」「~に違いない」とただ暗記している人も多いと思いますが、基本イメージもしっかり押さえておきましょう。

そのイメージとは<圧力、プレッシャー>。それもかなり強い圧力です。

 

I must go now.

もう行かなくちゃ。

 

この場合、「もう行こうかな、どうしようかな」といった中途半端な感じではなく、話し手は「今すぐ行かなくてはだめだ」と強く思っています。

例えば、帰りが遅くなってお母さんがカンカンに怒っている時や、絶対に終わらせなければいけない宿題がある時など、強い圧力によって「そうせざるを得ない」と感じている場面でmustが使われるのです。

 

He must be sick.

彼は病気に違いない。

 

この場合のmustは「~に違いない」で、先ほどの「~しなければいけない」とは異なる日本語ですが、根底にあるイメージは同じ<圧力>です。

 

He must be sick.という場合、彼が病気だと判断せざるを得ない根拠──例えば、顔色がすごく悪い、やつれているなど、誰が見ても彼は病気だと考える状況があり、その<圧力>によって「違いない」という意味になるのです。

 

■ should

 

shouldの意味は「~すべきだ」と習ったと思います。「すべき」というのはかなり強い日本語ですが、実際のshouldはもっとソフトなニュアンスで使われます。

 

You should go to the restaurant.

 

この話し手は、相手がそのレストランに行くよう強制したいわけではなく、自分の経験などをふまえて「君はそこに行った方がよいよ!」と強くすすめたいので、shouldを使っています。

 

We should be kind to old people.

 

直訳すると「私たちはお年寄りに親切にするべきだ」となりますが、これは常識的な倫理観に近いことでもありますよね。つまり、「親切にするのは当然だよね!」というニュアンスで話されているわけです。

 

このように「~すべきだ」と訳されるshouldですが、実際には<~した方がよい><~して当然だ>くらいの意味だとおぼておけば、より理解が深まるでしょう。

 

▼以下をクリックすると、各記事の映像授業を視聴できます。
can
will
Can you~? / Will you~?
may
must
should

SHUEI勉強LABOに登場する
教師の授業をもっと受けたい方はコチラ!

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。

他の記事を読む

2021.09.09

【数学】2点を通る直線の式を一発で出せる公式 ~受験の秒殺テク(9)~

中学生向け

2021.08.31

【歴史】春日局:どん底から頂点まで這い上がった壮絶な生涯

中学生向け

2021.08.25

【歴史】平賀源内:“土用の丑の日”を考案したアイデアマン

中学生向け

2021.08.16

【歴史】伊藤博文:外国との交渉や憲法制定に尽力した初代内閣総理大臣

中学生向け

2021.07.12

【数学】角の二等分線にまつわる絶対に覚えておきたい公式 ~受験の秒殺テク(8)~

中学生向け

SHUEI勉強LABOについての
ご質問やご相談はこちらからお気軽に!

他の記事を読む

2021.09.09

【数学】2点を通る直線の式を一発で出せる公式 ~受験の秒殺テク(9)~

中学生向け

2021.08.31

【歴史】春日局:どん底から頂点まで這い上がった壮絶な生涯

中学生向け

2021.08.25

【歴史】平賀源内:“土用の丑の日”を考案したアイデアマン

中学生向け

2021.08.16

【歴史】伊藤博文:外国との交渉や憲法制定に尽力した初代内閣総理大臣

中学生向け

2021.07.12

【数学】角の二等分線にまつわる絶対に覚えておきたい公式 ~受験の秒殺テク(8)~

中学生向け