SHUEI 英語ラボ

勉強の悩み・疑問をスッキリ解消!
小中高生のための勉強サポートサイト

2021.04.22

中学生向け

【歴史】松尾芭蕉の有名な俳句から学ぶ“わびさび”の精神

江戸時代の俳句文化に大きな影響を与えた歌人

今回は江戸時代の歌人、松尾芭蕉を紹介します。

 

『奥の細道』という有名な作品を残していますが、これは旅に出かけた先々で読んだ句をまとめたものです。

 

彼の俳句を象徴する言葉が“わびさび”。

これは静けさやわびしさの中にあるものを、美しいとする精神のことです。その具体例を見ていきましょう。

 

古池や かわずとびこむ 水の音

 

「かわず」とはカエルのことですが、ふつうカエルというとゲロゲロといった特徴的な鳴き声が耳に残ります。しかし芭蕉は、カエルが水に飛び込んだときの、ポチャンというかすかな音に注目したわけです。

 

当時、世間では華やかな俳句が多かっただけに、日本のわびさびを読んだこの芭蕉の句は、俳句界に大きな影響を与えました。

 

閑(しず)けさや 岩にしみ入る 蝉の声

 

「ああ、なんて静かなんだ。蝉の鳴き声が岩にしみ入るように聞こえてくる」という意味の句です。蝉の声だけが聞こえる、ということでより静けさが強調されています。

 

旅に病んで 夢は枯野を かけ廻る

 

これはとても芭蕉らしい一句だと言えます。

意味は「旅の途中で病気になり倒れてしまったけれども、夢はどこかの枯野を、まだかけ廻っている」です。

この句を読んだ時点では、これが生涯最後の俳句になるとは思っていなかったわけですが、その4日後に芭蕉は亡くなっています。

 

夢の中でも枯野をかけ巡るほど、旅と俳句が好きだったといことがわかる一句です。

 

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。

他の記事を読む

2021.07.28

【英語】絶対に覚えておきたい助動詞のニュアンス

中学生向け

2021.07.12

【数学】角の二等分線にまつわる絶対に覚えておきたい公式 ~受験の秒殺テク(8)~

中学生向け

2021.07.07

【数学】斜めに切断された三角柱の体積は、こう解くべし! ~受験の秒殺テク(7)~

中学生向け

2021.06.30

【数学】斜めに切断された円柱/四角柱の体積は、こう解くべし! ~受験の秒殺テク(...

中学生向け

2021.06.28

【歴史】中大兄皇子:‟乙巳の変”で蘇我氏を滅ぼした後の天智天皇

中学生向け

SHUEI勉強LABOについての
ご質問やご相談はこちらからお気軽に!

他の記事を読む

2021.07.28

【英語】絶対に覚えておきたい助動詞のニュアンス

中学生向け

2021.07.12

【数学】角の二等分線にまつわる絶対に覚えておきたい公式 ~受験の秒殺テク(8)~

中学生向け

2021.07.07

【数学】斜めに切断された三角柱の体積は、こう解くべし! ~受験の秒殺テク(7)~

中学生向け

2021.06.30

【数学】斜めに切断された円柱/四角柱の体積は、こう解くべし! ~受験の秒殺テク(...

中学生向け

2021.06.28

【歴史】中大兄皇子:‟乙巳の変”で蘇我氏を滅ぼした後の天智天皇

中学生向け