小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

安達校 校舎ブログ

いいね! 8

  • 映像授業 小・中・高

2021年06月17日
県北大会お疲れ様でした!

こんにちは、安達校の菅野です!
県北中体連に出場された皆さん、お疲れ様でした。
県大会に出場される皆さんは引き続き頑張ってください。
惜しくも県北中体連で引退される皆さんは、切り替えて受験勉強、頑張りましょう!

さて本日は、将来の夢について少しお話しようと思います。
学生の皆さんは、夢が決まっているor決まっていないで目標をどう立てて良いかわからない、、、そんな声もありますよね。
私も実際、中学生のころ、高校生のころ、それぞれ夢が異なりました。中学生の時は、消防員になりたい、高校生の時は、建築士になりたい、なんて言ったものです。そうです、ここだけを切り取ってしまうと、中途半端で夢をあきらめたと思われがちですが、実はそうではないのです。というのは、私自身、将来の夢が具体的に決まっていなかったというのが正しいです。進路希望調査や、将来の職業を考えるうえで、とっさに出てきたのが上2つになります。常に思い続けていたわけでなく、考える機会があったからこそ出した2つの夢だったということですね。。ただ、悲しいことにどちらもかなえることはできませんでした。というのは目標との差があまりにも離れていました。こうなりたい、こうしたいと思った時に、それができない現実と現状が、自分を最も苦しめるのだと学べた瞬間でした。


つまり、人は目標が決まっているから頑張るのではなく、目標が決まったときに、目標に近い位置にいることのほうが重要なのではないでしょうか。何か思った時に、それを実現できるだけの力が現状あるか否か、またはそれに自分は近いのか否かによって、行動できるのか、それとも思いとどまってしまうのか変わります。将来の選択肢を増やす、よく聞く言葉ですが、実は最も大事な言葉のような気がします。夢を持つこと、とても良いことです。その夢、ぜひかなえられるように、毎日を大切にしてほしいと思います。

ちなみに、菅野の今の夢は、、、
安達校にお通いの生徒の皆さんが元気に明るく前向きに限界突破を目指してもらうことです!!
けっ決して、痩せたい、、、ではないので皆さん明るく元気にこの夏、限界突破を目指しましょう!目指せ偏差値10UP

いいね! 8

PAGE TOP

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。
  • LINE