小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

小野校 よくあるご質問

  • 映像授業 小・中・高

映像受業とは具体的にどんな授業なのでしょうか?

元来の「勉強」は受動的で、「勉強させられている」感が強く、それゆえに成績の伸び率にムラがありました。
集団授業は疑問点があっても聞きづらい雰囲気だったり、個々の能力度外視なので取りこぼしもしばしば。
個別授業は集団授業に比べれば聞きやすい環境ではありますが、常に見られているという状況にプレッシャーを感じる人や、相性によっては先生に聞きづらいと感じ、わからない所がおざなりになってしまう人もいるのではないでしょうか。
当校では、自分のペースで映像を取り入れた授業のため、わからない所は何度でも見返せます。
それでもわからない時は、それぞれのタイミングで質問出来る環境と雰囲気で、子ども達と共に歩みます。
勉強を通じて、「主体的に学ぶ」方法を身に着けると同時に、社会に出た時でも自らの力で乗り越えていける能力を培います。

映像授業といっても、1コマ50分ですが、50分ただ映像授業を見っぱなしということではありません。
新しい単元のポイントを7分ぐらい視聴し、その後は自分で問題を解きます。その後、5分ぐらい問題の解説を聞き、また、次の新しい単元のポイントを7分ぐらい視聴し、問題を解いて、解説を聞いてを繰り返しします。
すでにわかるところはながして、わからないところは繰り返し視聴したり、室長に質問します。
また、3色ペンを使用し、先生の板書をテキストに写したりして、見て聞いて手を動かして、色々な感覚機能を使うことにより、理解度を高めています。
映像授業を活用して、自分のペースで効率的に学習ができます。

秀英iD予備校では、40年以上の実績のある秀英予備校の正社員のプロ講師陣の映像授業です。


授業ごとに授業の質がバラバラということは決してなく、安心して授業を受けることが可能です。

当塾の映像授業は、学力のレベルを問わず、他多数の生徒様の方々にも好評を得ています。
最初は映像授業と聞いて抵抗があるかもしれませんが、いざ、体験授業を受けてみると、集中して授業を受けている生徒様を何人も見てきました。
これからの時代はICT教育と個の時代でもあります。お子様の世代は、デジタル機器に触れる回数が多く、映像授業で自分のペースでおこなっていった方が、成績が伸びる可能性を多く秘めています。
是非、無料体験授業を受けて頂くことをお薦めいたします。

一覧へ戻る

PAGE TOP

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。
  • LINE