小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

四日市本部校・大学受験部 四日市校 校舎ブログ

いいね! 3

  • ライブ授業 高校生

2020年12月12日
受験生のみなさんへ

こんにちは、アドバイザーの本田です。
大学入学共通テストまで残り約一か月ですね。
四日市校の自習室では授業がない日曜日も、勉強に勤しむ受験生と未来の受験生が利用しています。最近は自習室が埋まることも。
そんな不安と焦りを抱えて相談に来る悩める受験生に、一つアドバイスです。

「君のやってきたことは、決して無駄ではない。たとえ伸び悩んでいても、他のところで補ってあげれば良い。
とにかく、前を見続けることが大切だ」

かつて、私が受験生だった頃に励まされた言葉です。
暗記系の科目が苦手で、特に英語の単語や文法を覚えるのに必死で勉強しましたが、なかなか成果が出ず。そんな時に、ある先生がこの言葉を掛けてくれました。
「他のところで補ってあげれば良い」
この言葉でどれだけ気持ちが軽くなったことか。

短い時間の中で、新しく対策を練るのは難しいです。
でも、それが得意な科目だったら? それが伸びしろのある単元だったら?
入試対策の追い込み時期が来ると、焦りと不安の塊に押しつぶされそうになります。苦手な科目・単元を対策する余裕がないことも多々あります。
そんな時、得意な科目・伸びしろのある単元を優先して勉強を進めるのも、有効な一手だと考えています。
もちろん、苦手な科目・単元をないがしろにして良い、というわけではありません。
今までの勉強配分が、得意3:苦手7だったのを、得意7:苦手3に変える決断も、時には必要だということです。
特に、共通テストまで残り短い今だからこそ、やるべきことも変わってきます。

共通テストが終わってもすぐに私立大学の本試験、国公立大学の本試験とやることがたくさんあります。
今すべきことを自分なりに考え、時には大人に頼って決断をしていくことで道は拓けます。
一緒に頑張りましょうね。

いいね! 3

PAGE TOP

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。
  • LINE