小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

合格体験記・受講者の声

合格体験記・受講者の声
合格した秀英生からたくさんの合格体験記をいただきました。
秀英予備校に入ったきっかけや、見事合格した喜びの声を公開させていただきます。
国公立

北海道大学 総合入試理系 合格

私は中学の時から継続して秀英に通っていました。多くの人がそうであるように、私は勉強が嫌いで仕方がなかったので、高校1・2年生のうちは家庭学習をあまりやっていませんでした。そのため、最初のころは学校内でも平均的な成績のままでしたが、高2の後半になり英語と数学が以前より出来るようになってきたと実感するようになりました。一般的にこの2科目は伸ばすのに時間がかかると聞きます。早めに対策を始めることがとても大事だと思います。秀英の授業では色々な問題に触れられるので、まったく同じ問題に出会うことはなくても、授業で得た知識が他の問題で活用できる場面に多々遭遇します。
1回1回の授業を無駄にしないよう、英語は予習を大事に、数学など理系科目は復習に力を入れることが重要です。秀英を信じて頑張ってください!

名前 井上 祐
住所 北海道
高校 札幌南高校
継続は力なり
国公立

北海道大学 総合入試理系 合格

私は1対1個別授業で英語を受講しました。個別授業は担当の先生が1対1で自分のために授業を行ってくれます。自分のペースに合わせ、得手不得手を踏まえた指導をしてもらうことができ、わからないことがあればすぐにその場で質問し、納得するまで教えてもらうことができる点がとても良かったです。個別授業を受講する前は文構造を無視して文脈だけに頼った英文の読み方、問題の解き方をしていましたが、一つ一つ丁寧に教えてもらえたので、受講前よりも文法を意識した読み方をする力がつきました。おかげで初めての共通テストにもあまり戸惑うこともなく順応でき、結果を出すことができました。親身になって相談に応えてくれたり、質問に答えてくれたりしてとても心強く嬉しかったです。一年間教えていただき、本当にありがとうございました。

名前 後藤 香純
住所 北海道
高校 札幌東高校
個別指導で合格
国公立

東北大学 工学部 電気情報物理工学科 合格

中学3年生のときに東北大学を見に行き、それでいいなと思ったのがこの大学を志望した理由です。そんな大学に今合格することができ、まだ実感はわきませんが、素直にうれしいです。東北大学は2日間に渡って試験を行いますが、初日の英語と理科は手ごたえがなく、2日目の数学はできた感触はありました。とくに東北大学の化学の問題は難しく、有機分野の問題は受験勉強で、とくに対策をたてて取り組んできました。化学の雨宮先生の講座で、対策を立て、応用力を磨いてきたことがよかったと思います。実際の化学の問題は難しかったですが、有機分野は一番手ごたえを感じることができました。秀英には高校1年生から通っていますが、秀英でよかったことは、学校からとにかく近いという立地のよさ、担当の先生がついてくれて、いろんなアドバイスをしてくれたこと。あと、質問にいつでも答えてくれたことです。先生と顔見知りになることは大きく、ずっと最初から秀英に通うのと、途中から秀英に入ってくるのではけっこう違うと思います。
将来は大学院に行きたいです。できれば東北大学よりも上の大学院に行けるように頑張りたいと思います。3年間ありがとうございました。

名前 政村 颯人
住所 静岡県
高校 三島北高校
中学からのあこがれを達成
国公立

東北大学 文学部 人文社会学科 合格

高3スタート当初、別の大学を目指していましたが、秀英での4月の面談で受験科目や大学で学びたいことを重視し、東北大を目指すことにしました。
秀英では英語、数学、国語、世界史を受講していました。入試を振り返って、特に役立ったと思う科目は2次科目でもある英語と国語です。英文法の授業では、先生のオリジナルプリントと講義で得られる知識量が多く、またモチベーションも上げてくれました。英文読解や現代文では、独学だと感覚的になりがちな「文章の読解法」を学ぶことができました。入試当日も、教わった読み方、解き方を一つずつ確認しながら解くことで、落ち着いて解答することが出来ました。
授業以外も活用して良かったと思います。受験勉強を始めた頃は、家では集中できないことがありましたが、重い腰を上げて自習室に行くと、周りの集中している空気に刺激を受けて自分も集中して勉強に没頭できました。進学アドバイザーも、勉強するうえでの自分の不安や悩みを聞いてもらったりすることで、気が楽になったり、励みになったりしました。
これから高校生になる後輩へ。
受験勉強のスタートは早い方が良いです。でも部活や学校生活など高校でしかできないこともたくさんあるので、それらも大切にしてください。

名前 田村 悠貴
住所 静岡県
高校 藤枝東高校
大学に合格して
国公立

東京大学 理科二類 合格

早い時期から実際の入試に近い難易度の高い問題に取り組んだことで、英語長文への苦手意識がなくなった。英単語の暗記も時間がかかるため早くから始められてよかった。
 英作文はやや苦手でしたが、添削してもらって得意になりました。模試で忙しい時期でしたが、通い続けることで勉強のリズムを保つことができました。

名前 伊藤 千尋
住所 静岡県
高校 清水東高校
早くから対策を
医学部

浜松医科大学 医学部 医学科 合格

浜松医科大学合格がわかったとき、本当に驚きました。それは2次試験入試当日の手応えがまったくなかったからです。それと、共通テストが終わったときも浜医を受験すべきか迷いもしました。受験勉強をしても共通テスト系の模試の点が伸び悩んだこともあり、常に危機感しかありませんでした。そんなどんな時でも担当の雨宮先生の励ましがあり、先生の言葉を聞いて受験する大学を決めて本当によかったと思います。
合格できた要因を考えると、秀英で直前期にやった問題が入試で出たこと、秀英の理科の授業で習ったことを自分でできるようになったことがよかったのではないかと思います。
秀英の良いところは何よりも、対面の授業であることかと思います。授業中はつらいことも忘れて、授業を楽しむことができました。また、担当していただいた先生に直接質問できることもよかったです。どんな質問にも丁寧に応じていただき感謝しかありません。
将来は医師として地元で働ければと思っています。これから受験を迎えるみなさん、新1年生にはアドバイスをするとすれば、とにかく復習には力を注いでもらいたいと思います。復習を繰り返していき、授業で扱った問題の類題を見つけて演習をする。これを繰り返すことが大事です。がんばってください。

名前 加藤 彰真
住所 静岡県
高校 韮山高校
合格の軌跡
医学部

富山大学 医学部 医学科 合格

僕が1・2年の時に頑張ったことは、部活と勉強の両立です。僕はバスケット部に所属しており、両立は大変でしたが時間を決めて部活動の自主練習や勉強をしてバランスを調整しました。部活動で疲れて勉強のやる気が出ない時には、友人と自習室に行く約束をしたり、仮眠をとるとやる気になるので、おすすめです。また、簡単に曜日ごとに自分にあったスケジュールを立てるとやりやすいです。年間計画表のテストの日を目立つようにして1日過ぎると線を引いていくのも危機感を感じれてよいです。

名前 戸塚 尚煕
住所 静岡県
高校 静岡高校
1・2年の時に頑張ったこと
医学部

金沢大学 医薬保健学域医学類 合格

合格を知ったときは、受験勉強から解放されると思いとてもうれしかったです。合格はインターネットで調べました。自分の受験番号が見つけた時には本当にびっくりしました。なぜなら、当日の試験の英語は読めた気もせず、数学も感触がよくなく、理科も想定した問題とは違い、試験開始からあせってしまう展開で絶対落ちていると思っていました。
 合格できたのも、秀英のおかげだと思います。物理のハンドブックは教科書がいらないくらいわかりやすかったですし、授業だけでなく、受験校を決める時のアドバイスを始め、学習のアドバイスも本当に参考になりました。
 それ以外にも、私は自習室に毎日のように通いました。どんなにやる気が落ちた時も周りのがんばっている姿を見て、頑張ろうと思いいつでも集中して取り組むことができました。
 これからですが、医者になるという目標に向かってがんばっていこうと思います。
これから高校生になるみなさんにできるアドバイスとしては、英単語や英文法などの基本は高校3年生になる前には完成させるようなイメージでがんばることが大事だと思います。
 秀英に通うことで医学部に合格することができました。本当にありがとうございました。

名前 寺越 千尋
住所 静岡県
高校 沼津東高校
医学部に合格して
国公立

名古屋大学 工学部 機械航空宇宙工学科 合格

勉強の一番の難所は、最初の取り掛かりだと思います。それを少しでも楽にするために、勉強をルーティーン化することを心掛けました。平日の学校が終わった後、休日の午後、生活の一部として秀英で勉強することを続けました。勉強に対して一番身体が動いてくれないのは最初なので、ルーティーン化は勉強に取り掛かるときのハードルを下げてくれました。
 秀英の自習室はいつも静かな空間で勉強に最適であり、周りの生徒が勉強する姿は自身の勉強へのモチベーション向上につながりました。また、同じ秀英に通う友人がいたことも勉強を続けられた理由です。秀英に友人がいるので自然と足が向き、そうすると自然と自習室で勉強もできました。入試直前の1月に受けた秀英の正月特訓で共通テストのシミュレーションをしたことは、試験本番に少し安心感を持って臨むことができました。秀英の環境を最大限活用したことは、合格のための勉強そのものだったと思います。

名前 川合 敬脩
住所 静岡県
高校 清水東高校
学習環境を最大限に活用
国公立

名古屋大学 法学部 合格

3年の2学期後半になると、高校の授業が少しずつ共通テスト対策に移行してゆくので、秀英では2次試験の対策を行い、感覚が鈍らないようにしていた。私は他教科に比較して英語に苦手意識を持っていて、演習量にも不安があった。そんな中、秀英では学校で扱われないレベルの英文を読むことが多く、経験値を積むことが出来たと考えている。良質な長文を多く読み、適切な解説をしてもらえたことで、長文を読む上での抵抗感がなくなったと思う。この点は自分にとって非常に大きかった。
 苦手な英語に対して問題意識ももっていたつもりだが、部活もあってなかなか余分に勉強するのは難しかった。今思えば、高校の宿題と秀英の予復習(いずれもなかなかに難しかったが)、最低限やるべきことが確保できたことも、知らず知らず勉強量確保に役立ったのだと思う。

名前 髙橋 虎太郎
住所 静岡県
高校 富士高校
目的に応じて活用する

PAGE TOP

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。
  • LINE