小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

合格体験記・受講者の声

合格体験記・受講者の声
合格した秀英生からたくさんの合格体験記をいただきました。
秀英予備校に入ったきっかけや、見事合格した喜びの声を公開させていただきます。
国公立

東京大学 文科一類 合格

 秀英はライブ授業なので集中して授業を受けることができ、その授業では先生方から多くの刺激を受けました。数学の吉谷地先生の授業は、問題へのアプローチの仕方が分かりやすく、実践的な授業でした。数学って楽しいものなんだと気づかされました。実際の東大2次試験の問題は難しかったですが、冷静に部分点を取りに行こうと気持ちを切り替えて取り組むことができました。 また、国語の徳満先生の授業は、機械的に手を動かすという授業スタイルで、今までの問題の解き方をがらっと変えてくれる授業だったため、本番の試験は動じることなく授業で学んだことをそのまま活かせました。
 杉本先生の東大英語は、常に工夫に満ちた授業でした。じゃんけんで問題の解説を決めることもあり、私はじゃんけんになぜか勝てなくて、たくさん解答しました。授業はただ、一方的にわからないことを教えてもらうだけでなく、授業の中で鍛えてもらうことができました。授業が本当に楽しかったです。
 どの先生も、わからないことはすぐに質問できる環境にあったことも良かったです。とくに数学は、秋から個別の添削指導もしてもらい、数学の力を磨くことができました。
 秀英は自宅から近いこともあり、1年生の時から通っていました。これから高校生になる皆さんは、高校でやりたいことをまずはやってください。でも、日々の勉強、課題、週テスト、定期テストもコツコツやっていけば、最後は大きな差になっていきます。当たり前のことにように思われますが、案外みんなやれないことです。
 3年間本当にお世話になりました。楽しく勉強できたのも、秀英の先生方のおかげです!

名前 安形 優里
住所 静岡県
高校 沼津東高校
日々の勉強をコツコツと
国公立

京都大学 工学部 工学科 合格

 高1の最初から秀英に通うことで、基本に忠実に、そして誠実であることが意識づけられました。私にとって、基本が一番難しく、また扱うようになることが難しいものだったので、秀英の授業が大きな助けになりました。
 私は秀英のテキストと学校で配られた参考書を主に用いて学習していました。新しく書店で買った参考書は少なく、配られたものを最初から最後までやりきれるように、「1日何ページ進める」と計画を立てて行っていました。そうすると、結果的に1日8~10時間ぐらいの勉強時間が確保できていました。計画を立てたら自ずと時間も必要だと分かるので、あまり時間を意識して勉強する必要はなかったです。秀英に通うことで、授業→復習のサイクルができて勉強が生活の一部となりました。秀英のテキストと授業で大体はカバーできました。

名前 今村 希来
住所 三重県
高校 四日市高校
やりきる!
国公立

京都大学 工学部 情報学科 合格

 大学で情報について学べる京大を受験し、合格を知ったときはうれしかったです。
秀英には中1から通っていました。中1の最初のテストで30位くらいを取ってしまったのがきっかけです。高校部に進級してからは、授業を通して、高校の勉強や受験勉強の指針が分かり、勉強習慣が身に付きました。また、いろいろな難しい問題を解くことができたのが良かったと思います。
 合格したので受験勉強に反省はありません。強いて言えば京大の英作文に対応するためには、高2のうちから英作文対策をすべきだったかなと思います。受験勉強に対するやる気はなかなか出ないものなので、まずは日々の学習で苦手を作らないようにすることと、息抜きもある程度必要だということは、これから受験をする皆さんに伝えたいと思います。
 3年間本当にありがとうございました!

名前 落合 悠貴
住所 静岡県
高校 韮山高校
中1から秀英で継続学習
国公立

京都大学 理学部 理学科 合格

 僕は高1の4月から秀英大学受験部のライブ授業を受講していました。どの授業もレベルが高く、九大のみならず東大や京大を志望する人でも受講する価値のあるものでした。
 得意科目でもあった数学は、3年間和田先生に指導していただきました。授業ももちろんですが、日々の親身な質問対応が印象に残っています。特に直前期に京大の過去問演習について様々なアドバイスを頂き、本番でも十分に満足のいく答案を作ることができました。苦手科目だった国語は、3年生になってから合田先生の授業を受講しました。先生と一緒に論理的思考力を鍛えるトレーニングを積むことで、共通テストはもちろん、2次試験でもしっかり対応できました。このような授業は学校でも受けたことがなく、本物の国語力が養われるような気がして新鮮でした。
 3年間、熱心に指導していただき本当にありがとうございました。

名前 種谷 響希
住所 福岡県
高校 修猷館高校
秀英の授業はハイレベル
国公立

京都大学 文学部 合格

 高1の頃から憧れていた京都大学に合格できて本当に嬉しいです。受験が終わってよかったと心の底から安堵しています。
 私の受験勉強は数学との闘いそのものでした。マーク式・記述式ともに、模試ではなかなか目標点に届かず、もどかしい気持ちを常に抱えていました。高校では三者面談で「京大への合格は厳しい」とはっきり言われたりもしました。
 秀英の先生方は、そんな私を見捨てませんでした。数学の和田先生は常に生徒一人ひとりに向き合って、優しく指導してくださいました。入試の直前には、先生の作ったプリントで見直しを行うと不思議と気持ちが落ち着きました。周りの友人の支えも大きかったです。特にお正月の共通テスト特訓では数学が解けずに苦しい思いをしましたが、友人たちと切磋琢磨しながら乗り越えられました。
 秀英の先生方、本当にありがとうございました。世界で活躍できる人材になることを目指して大学でも頑張りたいと思います。

名前 品川 みこ
住所 福岡県
高校 修猷館高校
秀英での温かい指導
国公立

京都大学 経済学部 合格

 経済に興味があり、多くの優秀な学生の中で自分を高めていくことができると考え、中3の2学期に志望校を決めました。
入試当日は得意の数学で大差をつけて逃げ切るつもりでいましたが、今年は思いの外易化しており、試験時間が40分も余ってしまいました。内心これでは差がつかいないのではと合格発表までは不安で一杯でした。結果、合格できて本当に良かったです。
 秀英には小6から通い、高1からは主に英語・数学の授業を受けていました。意識の高い仲間たちと出逢い、一緒に頑張れたことで、最終的に第1志望に合格できる学力がついたと思います。勉強の合間にわからないことを聞き合ったり、ためになる問題を出し合ったりしたことでモチベーションアップにも繋がりました。
また、気さくな先生が多く、授業以外でも質問がしやすく得意科目をさらに伸ばすことができ、苦手科目の補強もできました。
 明確な目標を持ち、志の高い友人達と切磋琢磨できる環境に身を置けたこと、良心的な先生方のサポートがあったことが学力アップの原動力だったと思います。

名前 藁科 隆弘
住所 静岡県
高校 静岡高校
秀英の学習環境
医学部

浜松医科大学 医学部 医学科 合格

 とにかく絶対に医者になりたいとずっと思っていたので、高校合格後も継続して秀英に通いました。細かな勉強の内容を語る以前に、大前提として、直接目の前で教えてもらえる、質問できるという環境がよかったと思います。また、同じような考えをもっている塾生がたくさんいるので、意識が高く頑張っている人が必然的に視界に入り刺激を受ける毎日でした。自習室や授業の教室を離れても、休憩室ですら勉強の話をしている人が目について、集中力を切らす暇がなかったです。(笑)
 私の高校は、理科の進度がかなりゆっくりで、全単元終了するのが高3の秋ということがあって、危機意識をもって勉強していました。先取りできる講座もありましたが、私は複数のことを同時進行でやるというよりは、高3の夏明けに全ての時間を理科に費やせるくらいに、他の教科を完成させることを意識して勉強していました。この辺りは、人によって好みが分かれそうですが、周囲の人に惑わされない方が良いです。学校の勉強と完全に別の内容を並行して勉強するのは、かなりの労力と時間を要するので、自分がどちらのタイプなのかを見極めてから着手しないと、どちらも中途半端になりかねません。私は、高3の夏休みまでに、数学やそれまでに習っていた理科の単元については、積み残しなく勉強するよう、チャートや問題集がボロボロになるくらいやり込みました。反復と定着が、とても大事です!

名前 村松 真衣
住所 静岡県
高校 静岡高校
理科のために時間を捻出しておく
国公立

北海道大学 法学部 合格

 大学のHPで、合格者の中に自分の受験番号を見つけた時は、とにかく嬉しかったです。共通テスト初日は大雪で試験が1時間遅れ、2日目は数学が難しく心が折れかけました。2次試験でも数学は不完全燃焼感があり、少し引きずりましたが、英語と国語で挽回しようと気持ちを切り替えました。正直、自信はあまりなかったため、合格した時は本当に嬉しかったです。
 秀英の長文読解の授業では、単語や文法知識だけでなく、知っていると有利な背景知識なども教えてくれたので、英語に対する苦手意識を取り除くことができました。また、少人数クラスだったため、授業内での質問にも対応してもらえましたし、それでも納得できないことは、授業後に担当の先生に直接質問できたことで、消化不良をおこさず、授業内容を完全に理解することにつながりました。数ⅡB、地歴の知識ゼロから北大に合格できたのは、秀英のおかげです。秀英を選んで本当に良かったです。

名前 上村 燿平
住所 北海道
高校 札幌国際情報高校
頑張れる環境
国公立

北海道大学 医学部 保健学科 合格

 一年前、自分が北大に合格するなんて思ってなく、自信もありませんでした。北大のホームページで自分の受験番号を見つけても、まったく信じられませんでした。志望校に合格できて本当に良かったです。
 兄が通っていたこともあり、高2の1学期から秀英に通い始めました。それまでは学校の定期試験の勉強ぐらいで、受験のことはまったく意識していませんでした。そんな自分にとって、秀英の北大・難関大クラスは予習がとにかく大変でした。それでも、どんなに難しくても「とりあえず何か書こう」と思い、諦めずに問題と向き合っていました。理科についてはもっと早くから基礎を固めるべきだったという反省はありますが、英語と数学に早くから取り組めたことが合格できた要因かもしれません。秀英の先生方は直前期の添削指導や質問対応など、本当に丁寧に対応してくださいました。2年間ありがとうございました。

名前 勝本 安佳里
住所 北海道
高校 藤女子高校
早期対策と基礎固め
国公立

北海道大学 総合入試理系 合格

 私が秀英予備校大学受験部に通塾したのは高3の夏休みからでした。高1・2の間は部活(テニス部)が忙しく、まとまった学習時間を作ることができませんでしたが、高3生の夏期講習や40時間集中特訓などを通し、勉強に対するモチベーションを高めたことで本格的な受験対策に取り掛かることができました。
 大学受験部の授業では難関大数学や英文法講座を受講し、2次試験対策を中心に勉強しました。共通テスト対策は高校の授業を中心に行い、秀英で2次対策、高校では共通テスト対策と分けて勉強したことで、自然とメリハリのある学習ができました。
 また模試を一つの区切りと捉え、次の模試までにやるべき課題をこなすことはとても有効な学習サイクルとなり、受験勉強のペースメーカーとしたことも勝因だと思います。
 進路面では担当アドバイザーさんに受験方法などを相談でき、あまり受験情報に詳しくない私にとってとても心強かったです。
 最後に、受験勉強は「やるべき時」に「やるべき内容」を徹底してすることに尽きると思います。今は部活等で忙しい人も自分にとっての「やるべき時」、「やるべき内容」を見つけ、頑張れば結果はついてくると思います。ぜひ頑張ってください。

名前 髙橋 広遥
住所 静岡県
高校 清水東高校
メリハリのある受験対策

PAGE TOP

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。
  • LINE