小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

合格体験記・受講者の声

合格体験記・受講者の声
合格した秀英生からたくさんの合格体験記をいただきました。
秀英予備校に入ったきっかけや、見事合格した喜びの声を公開させていただきます。
国公立

東京大学 文科Ⅲ類 合格

私は、東大医進英語を受講していました。テキスト・先生など、どの面をとっても非常にレベルが高い上、アットホームで質問もたくさんできる雰囲気が良かったです。予習などもあって追いついていくのは大変かもしれませんが、確実に力が付きました。この授業で本番と同じ形式の問題を多く解いたことが実力の向上だけでなく、本番での落ち着きにつながったと思います。
また、高1、高2の長期休みは学校がないうえに部活によっては活動が忙しく、勉強がおろそかになってしまいがちです。そこで、秀英の講習が役立ちました。講習の予習、復習をしっかりこなすことで勉強のリズムを維持することができ、講習の前後の時間には自習室を利用することで集中して勉強できました。秀英の自習室は非常に広いうえ、休憩スペースも充実しているため、頻繁に利用していました。特に私は高1、高2の時から自習室を利用していました。そうすることで受験生の空気を感じることができ、モチベーションアップにもつながりました。朝から一日自習室にこもるのもおすすめです。早い段階からこれをやっておくことで、スムーズに受験期に移行することができます。
最後に高1から秀英に通うメリットは、英語を早めに完成させて得意科目にすることができる点です。周りがあまり勉強しない高1だからこそ大きく周りに差をつけられます。また、早めに勉強をスタートさせて、良い成績を取れば、勉強が楽しくなって好循環が生まれます。

名前 堂囿 三四郎
住所 静岡県
高校 静岡
私が東京大学に合格できた理由
医学部

札幌医科大学医学部医学科 合格

自分は高1から野球部に所属していたので、勉強する時間がほとんどありませんでした。そんな中で週に一度の秀英の数学の授業を大切にし、コツコツ勉強を積み重ねていきました。高2では物理、化学についていくのが大変で随分苦しい時期でした。部活動を引退してからは、どの科目も基礎的なことからやり直し、文系科目にも着手しました。夏休みまでは模試の判定も良かった(このときは北大を志望していました)ので楽観的になっていましたが、周りの人の成績が上がり、相対的に自分の成績が下降していったのが辛かったです。それでも部活動によってメンタル面を鍛えられていたので、乗り越えられたと思います。秀英の自習室はとても学習に適している環境なので、毎日秀英に通っていました。秀英では先生方に気軽に質問ができましたし、添削もしてもらい、それによって学力がかなり向上しました。本科授業では、物理で分からないところが解決でき、英語では長文の読み方を習得できました。センター試験の後、自分の進路を考え直し、札幌医科大学を受験することに決めました。試験の出来は不安でしたが、面接でもよい手ごたえがあり、無事に合格することができました。

名前 山本 丈斗
住所 北海道
高校 札幌南
基礎の重要性
医学部

名古屋市立大学医学部医学科 合格

僕は合格発表を直接大学まで見に行って確認したので、番号を見つけるまではとても怖かったです。見つけた瞬間、医学部受験を貫いてよかったと思いました。
僕は秀英のアシストで勉強を続けてきたのですが、とても静かで勉強しやすい環境が整っていたことで、集中を保つことができたのがよかったです。長い受験勉強の中で意識したのは、アウトプットを重視した勉強にとにかく時間を掛けたことです。具体的には問題集を使用して、様々なパターンの問題を解いてきたことが自信に繋がったと思います。
受験期間を通して、受験にはやはり基礎が大切だということを改めて認識することができました。基礎力がついていないのに背伸びして志望大のレベルにあわせた勉強をしても、ただその問題がわかるというだけで、肝心な力が何もつかないままになってしまいます。昨年はそのことに気付かず、その問題が解けるようになるだけの勉強を繰り返していました。アシストを利用して勉強する中で、冷静に、基礎を見つめなおす時間を過ごすことができました。
将来の実現のためには、合格は通過点に過ぎません。この受験経験を思い出して、これからも勉強に励みたいと思います。

名前 嶋田 匡孝
住所 愛知県
高校 向陽
私が名古屋市立大学に合格できた理由
医学部

名古屋大学 医学部 医学科 合格

早い時期から医学部受験は考えていたので、受験において、総合的な得点率がどの程度必要なのかは理解しているつもりでした。しかしながら数学や理科に比べ、国語・地理の勉強は遅々として進まず、高3の夏に多くの時間を費やすことになってしまいました。医学部受験をする他のライバルたちともなれば、それなりに勉強しているのは至極当然ですので、一つの穴が致命傷になるのも自然な流れです。自分の場合、国語はさして得意ではありませんでしたが、その中で古文だけは、高1の時に秀英で授業を受けていたので、早期に学力完成につながったと思っています。二次試験でも国語がある理系生にとって、国語の早期完成は極めて重要です。英語・数学・理科など、主要教科は当然得点する競争の中で、合否の鍵を握る教科と言っても良いと思います。現役生にとって、夏休みは大きく勉強時間を確保する最後のチャンスではありますが、全ての教科を完成させるには短すぎる時間です。高1・高2の時期に少しずつでも、主要3教科以外の勉強も足掛かりを作っておくことが必要だと考えます。高1の頃は、まず英語・数学と考えがちなのかもしれませんが、何とか時間を捻出して国語なども勉強してみてください。

名前 小林 正直
住所 静岡県
高校 富士
国語の早期対策
医学部

九州大学医学部医学科 合格

合格発表当日、インターネットで合否確認をしました。自分の受験番号を見つけたときは、信じられないというのが率直な感想でした。
秀英には中学1年生の春休みから入学し、高校合格後もそのまま進級して3年間勉強を積み重ねてきました。秀英の数学の授業は、ポイントが整理されていて大変わかりやすかったです。また英語は1対1個別授業で、豊富な知識量で質問にその都度的確に答えて頂いてとても役に立ちました。僕は国語が苦手で心配だったのですが、秀英の国語の授業は、独特で先生なりのルールがあるのがおもしろく、授業と過去問演習をやっていく中で、半分しか取れなかったセンター国語も最終的には本番で9割取ることができました。
受験期は、自習室に最後まで必ずいるように決めて、その後は自由に時間を使うようにしていました。普段から秀英で高いレベルの授業を継続的にやってきていたので、その積み重ねが合格につながったと思います。後輩の皆さんには、早いうちからコツコツやること、特に苦手をその場で潰していくことを強く勧めます。僕は知らないことをすぐに紙に書き留めて復習していました。
秀英の先生方、今まで真摯に対応して下さり、ありがとうございました。たくさんの人を救える医師になれるようにこれからも頑張ります。

名前 新畑 龍斗
住所 福岡県
高校 筑紫丘(理数科)
秀英のハイレベルな授業
国公立

北海道大学 法学部 合格

僕は1年のときからあまり勉強習慣が確立しておらず、家にいると勉強以外のことをしてしまうため「勉強をしたくなる、しなくてはならない環境」が必要でした。そして秀英はまさにそんな環境でした。静かで広い自習室と、友人たちと一緒に頑張ることができる休憩室をその日の気分で使い分けていました。夏休みなどの長い休みの期間は、時間がある分かえってダラダラと勉強をしてしまいがちだったので、秀英に行って環境を変えることで集中力を維持していました。また適度に休憩を取って、メリハリのある勉強ができたことが、効率を上げることができた一因だったと思います。秀英の本科授業では、基礎的な力から難関大二次レベルの力まで、段階的に身につけられたのが大きかったです。学校の予復習もあって大変なときもありましたが、秀英でやっている分だけ、常にアドバンテージがあるという意識を持っていました。高3の直前講習では「この講座を受ければ確実に受かる」と言われ半信半疑でしたが、そこで得られる知識と様々な問題へのアプローチを解説してもらえたおかげで、対応力が磨かれました。秀英は自習室も授業も、学習環境として最適な空間でした。

名前 早川 直希
住所 北海道
高校 札幌北
秀英は勉強に最適の環境
国公立

北海道大学 文学部 合格

高校入学当初は中学までの暗記中心の勉強法を続けていたため、高校レベルの勉強に通用していませんでした。特に数学は中学から苦手で、定期考査の点数が伸びず苦しみましたが、秀英の授業で問題同士のつながりやポイントを見抜く力が身につきました。また英語の授業ではSVOCなどの文構造や、「抽象から具体」などの論理展開を学べました。志望大学よりも難しい英文を早いうちから取り組んだことも自信につながりました。秀英を継続したおかげで、自然と高校での勉強の仕方を身につけることができたと思います。
夏期講習や冬期講習も貴重な存在でした。部活が忙しい時期でも学習習慣を持続することができます。自宅では学習のモチベーションがなかなか上がりませんが、秀英では同じ目標を持つ友人と刺激し合い、学習に積極的に取り組むことができ、早い段階から受験に向けた意識作りができました。高2の冬までは高校の定期考査対策にも気を取られがちでしたが、高3になる前に秀英の先生と進路についてじっくり考えることが出来たのも、良い結果につながった理由の1つです。
このように高1のうちから秀英を活用し、学習習慣を確立できたことが合格の秘訣です。本当にありがとうございました。

名前 服部 瑞生
住所 北海道
高校 札幌西
やっぱり高1から秀英
国公立

北海道大学 総合理系 数学重点選抜群 合格

合格発表は北大のホームページで見ました。合格を知ったときは嬉しくて涙が出てきましたが、一緒に住むおじいちゃん、おばあちゃんも泣いて喜んでくれたのが一番嬉しかったです。
高2の夏から部活が忙しくなり、模試の偏差値が8くらい下がり、北大の合格判定もずっとE判定が続いていました。このままではまずいと思い、高3から秀英に通い始めました。秀英の授業は全て良かったですが、特に予習→授業→復習のサイクルで、やるべきことが決まっていたことが大きかったです。最初は集団授業に抵抗がありましたが、少人数クラスで、北大を目指す人たちが周りにいたため、刺激を受けながら勉強できました。
印象に残っている講座は、年末年始のセンター演習道場と大学別直前講習です。直前期に自分の苦手な部分を知り、復習をすることでより力をつけることができました。センター試験本番では模試よりも50点以上伸ばすことができました。センター後は北大の過去問演習を重ねるとともに、直前講習で予想問題にも取り組んでいたため、本番でも落ち着いて問題が解けたと思います。
1年間秀英に通ったおかげで、無事合格することができました。本当にありがとうございました!

名前 杉原 望
住所 北海道
高校 札幌西
1年での大逆転
国公立

北海道大学 経済学部 合格

秀英に通っていてよかったのは、まず授業です。大学入試本番で、数学の授業で学んだことを「取り掛かりと詰め」の部分で生かすことができたと感じています。授業で教わった「目のつけ所」を思い出すことによって、一見難しく見える問題にもポイントを見つけることができ、短時間勝負の入試本番において、とても大切な力を身につけることができたと実感しています。
もちろん反省すべきこともありました。僕はもっと早く、1・2年生のうちに基礎力を身につけておくべきだったと思います。基礎力が身につくことで、自分の得意・不得意などを早く見つけ、進路選びに生かすこともできますし、学力面で優位に立つこともできるからです。それでも合格できたのは、秀英の先生が丁寧に質問対応・面談をしてくださったこと、それから1年生の時に受けた授業を通して、自分のできていないことにしっかり向き合う時間を取ったことは、とても大きかったと思います。それから、教わったとおり過去問を国公立2次試験から先に演習したことも、心の余裕ができてよかったと思います。
秀英の指導に感謝しています。大学でもこれまでの経験を忘れず、さらに勉強に励みたいと思います。

名前 中村 優作
住所 愛知県
高校 旭丘
私が北海道大学に合格できた理由
国公立

北海道大学 総合理系 数学重点選抜群 合格

秀英には、高2のときから通っていました。部活が毎日のようにありましたが、部活後には秀英で自習するようにしていました。特に長期休みの期間には、自宅で長時間の勉強はできないと思っていたので、ほぼ毎日秀英に来て勉強しました。周りの様子を見て、自分もがんばらなければ、と奮起することが多くありました。
本科の授業では、英語と数学を受講していました。いずれもハイレベルな内容でしたが、難しい問題にもじっくりと取り組む力がつきました。答案の添削指導をしていただけたのもよかったです。直前講習では、理解が曖昧なところや補強すべき部分が明確になり、直前期の対策に役立ちました。また、少し難しかったので、本番の傾向変化や難化にも落ち着いて対応ができました。
後輩の皆さんにお伝えしたいことは、高3になる前から勉強しておいた方がよいということです。また、模試の目標得点をクリアする、苦手分野の克服をするなど、目的を明確にして勉強することが大切だと思います。

名前 西川 小彌太
住所 北海道
高校 札幌北
自習室の環境と授業が最高!

PAGE TOP

このページがお役に立てたら
シェアをお願いします。
  • LINE