小・中・高一貫教育|学習塾・予備校の秀英予備校|集団授業塾、個別指導塾、映像授業塾

文字サイズ

  • 標準
  • 最大

合格体験記・受講者の声

合格体験記・受講者の声
合格した秀英生からたくさんの合格体験記をいただきました。
秀英予備校に入ったきっかけや、見事合格した喜びの声を公開させていただきます。
国公立

東京大学 文科3類 合格

私は大学で学びたいことが明確に定まっていなかったため、進学振分け制度のある東京大学を志望するようになりました。高2のときの東大レベル模試ではまだC判定でしたが焦らず基礎固めを中心に勉強に取り組みました。B判定以上が出るようになったのは、高3になってからです。模試でミスをした時、自分に欠けていた部分は吸収し、結果そのものはあまり気にしませんでしたが、教科間の得点バランスには注意を払いました。数学はなかなかミスが減らず、入試直前まで苦しめられました。勉強を投げ出したいときは投げ出し、旅に出ました。メリハリをつけたことが、努力を継続できた秘訣だと思います。
そんな自分にとって、秀英は最適な空間でした。何よりも、先生方との距離がとても近くて気軽に質問でき、とても丁寧に答えてくれるため、授業がなくても毎日秀英に通い、校舎の閉館時間まで利用しました。
本科授業を高1から受けていましたが、心底素晴らしいと思える授業ばかりでした。これから高校生になる方は、是非自分の目で確かめてください。自分にとって、英語と国語の土台を高1のうちに築けたことがとても大きかったです。特にハイレベルな問題の数々が掲載された英語のテキストは、東大を受けるにあたって最適な学習ツールでした。
大学では教養課程で興味のある様々な分野に触れ、視野を広げたいと考えています。
秀英の先生方には、言葉では言い表せないくらいお世話になりました。3年間、どうもありがとうございました。

名前 辻 優太郎
住所 北海道
高校 札幌南高校
秀英小中学部 元町校出身
国公立

京都大学 薬学部 薬科学科 合格

合格という結果を見て、驚きました。自分でも受かるんだという気持ちです。試験を受けた時は英語の傾向変化ということもあり、もうだめだと思っていました。1年生から名古屋大学にトップ合格するつもりで勉強してきましたが、3年生の3学期になって、京都大学にチャレンジすることに決めました。合格するとは思っていなかったので、合格発表をホームページで見たときは、狂喜しました。
受験において大切だと思ったのは、土台固めです。1・2年生で習ったことを理解できたかどうかが3年生に直結します。だから1年生の頃から受験意識を持ち、1・2年生から積み重ねることが絶対に必要だと思います。秀英の授業はわかりやすいだけでなく、何でこうなるかを納得して理解することができました。参考書をやるだけの勉強よりも、先生から聞いて理解するほうがいいと思います。
僕は、授業を1回でも出なかったら意味がないと思って、1度もサボったりせずに出続けました。それを続けてきたおかげか、3年生の模試では悪い結果が出ず、右肩上がりで順調に伸びたので、結果を出すのが楽しみになりました。また、学校では物理を選択しつつ、受験では学校で履修していない生物を使うという状況でしたが、模試での校内トップを独走することができました。
京都大学に合格できる学力を作ることができたのは、秀英のおかげです。秀英がなかったら、僕はポンコツだったと思います。良い高校に入ることができたらプライドを持って、積み重ねを続けることも大切だと思いました。また、もしそうでなくても、高校からの勉強次第で逆転は可能だと思っています。受験勉強は、自分だけでがんばるのではなく、納得できる教え方をしてくれる先生のもとでがんばるのがいいと思います。

名前 宮西 峻平
住所 愛知県
高校 明和高校
1・2年生からの積み重ね
国公立

京都大学 工学部 物理工学科 合格

試験本番は冷静に迎えることができました。過去問演習に必要な力を秀英でつけることができ、その過去問演習が本番で役に立ったからです。秀英のテキストで基本をやってきたからこそ、土台をきちんと作ることができ、スムーズに演習することができたのだと思います。初めから京都大専用のコースがあるのではなく、秀英では基本・土台づくりから始めるので、それをきちんとやっておいて本当によかったと思っています。それでも合格発表当日は、まさか工学部の第一志望に合格するとは思わず、驚きました。ホームページを何度も見直しましたが、間違いありませんでした。
思えば1年生の頃から、秀英の授業が役立ったと思います。古文は古文法をみっちりやったことが今に繋がっていると思います。数学は学校よりも演習を多くやることができ、問題に取り組む姿勢を身につけることができました。英語は長文読解を秀英でやることができたのが大きかったと思います。個別添削をしてもらうことができたのも、ありがたかったです。
模試は、どのレベルまで確実に解けるようにするか、という基準を定め、それをクリアできるように取り組んできました。秀英では模試の結果を踏まえたアドバイスをもらうことができました。それも役に立ったと思います。
入試までのことは秀英に全て任せられたので感謝しています。生徒一人一人を大切に見ることも、カリキュラムがしっかりしているところもよかったです。大学に入学したら、大学院まで進学することを前提に自分の力で勉強していきたいと思います。卒業後はロケットや自動車、飛行機関連の開発に携わる仕事をしたいと考えています。
高校1年生のうちから受験を意識しておくだけでも、日々の勉強の取り組み方が変わってくると思います。がんばってください。

名前 小島 康司
住所 愛知県
高校 春日井高校
秀英小中学部 春日井本部校出身
国公立

京都大学 工学部 電気電子工学科 合格

秀英には、高1の初めに入学しました。最初は高校の授業についていけるようにと思っていました。しかし、夏期講習で難関大英語を受講し、学校の授業レベルより高い難問を解くことでそれまでの自分の勉強が不十分であることに気づき、勉強に対する姿勢が変わりました。その後、高1・2の授業を通じて、英文法の基礎がしっかりできたことは受験に大変役に立ちました。
志望校を決めたのは、進学アドバイザーの一言からでした。それまでは京大など受験できるとは思っていませんでしたが、肩を押してくれたことで頑張る気持ちになり、本気で勉強し始めました。
受験勉強を進める中で、最も印象深いのが、夏期講習でした。それまで、自分は大変なことは後回しにし、大事なことが前に進まないために自己嫌悪に陥ることが少なくありませんでした。そこで、予習は最後の問題から始めて、最初の授業日までに全て終わらせ、授業では先生の話を聞くことに集中しました。特に、末永先生の難関大物理ではこの方法で、解説の吸収に努め、基礎から応用・発展レベルまで実力を上げることができました。この授業を受けていなければ、志望校の受験はできなかったと思います。
その後、何度か壁にぶつかることもありましたが、秀英の授業・講師に助けられ、志望校→受験校とし、合格を手にすることができました。
最後に、これから高校生になる皆さんへ一言。受験にフライングはありません。とりあえず限界までやってみよう!

名前 増田 大輝
住所 静岡県
高校 藤枝東高校
早期スタート
国公立

京都大学 工学部 地球工学科 合格

志望校は、最初何となく考えている程度でしたが、オープンキャンパスに参加し、校風などに魅力を感じて決めました。しかし、合格するために何をすべきか明確な行動を起こせずにいた時、友人から誘われて、秀英の高3夏期講習に参加しました。最初、授業の予習復習が思ったよりも重かったので、自分がやろうと思っていた勉強とのバランスをとりながらこなしていくのには少し苦労しました。しかし、そのおかげで受験勉強のスイッチを本気モードに入れることができました。苦手だった部分の自己分析ができ、計画性もついたように感じます。
特に末永先生の授業では、法則を本質から理解できるもので、とても物理が身になりました。また、ハンドブックが非常に役に立ちました。これも秀英に入学した一因です。
また、自習室という集中できる勉強場所ができたのも、秀英に入って最も役に立ったものの一つです。自宅で勉強していてもなかなか集中できない上に、同じ場所で長時間勉強すると飽きてしまうため、学校の教室・図書館と秀英の自習室をローテーションして、モチベーションを維持するようにしました。秀英の自習室は静かで、快適で、とても集中しやすい環境でした。
入試直前期は、問題ができたりできなかったりで、一喜一憂しがちですが、この時期の演習では、なるべく余計なことを考えずに、できなかった問題は素直に吸収し、できた問題もそれでよしとせず、問題の構造とよりよい解法を考え直すようにしていました。自分の納得できる計画を作り、こなすことに集中することで、自分のモチベーションを安定でき、落ち着いて入試に臨むことができたと思います。

名前 浅霧 一真
住所 静岡県
高校 藤枝東高校
講習・自習室
国公立

京都大学 工学部 電気電子工学科 合格

高校3年間秀英に通い、高1ではしっかりと学校の授業内容を理解すること、また部活(サッカー部)との両立のために週末までには学校の宿題を終わらせ土日は部活で忙しくても宿題がこなせるように工夫するなどしていました。
高2の時には難関大数学クラスを受講し、学校よりも進度が早く、先取りで学ぶことができ、数学を得意科目にできました。
高3生では末永先生の物理が最も印象に残っており、この講座を受講していなかったら今回の結果はなかったかも知れません。授業で使用した公式ハンドブックも活用しました。
物理を受験科目としている人は必ず受けるべき講座だと思います。
また、勉強する場所としても一つの場所ではなく、定期的に変えることも大事だと思います。
学習環境という点では秀英はすぐに質問することができる環境があり、これも受験勉強のバックアップに役立ちました。
3年間、様々な面で多くの方々に支えられて合格を掴むことができました。ありがとうございました。

名前 田中 翔馬
住所 静岡県
高校 静岡東高校
秀英小中学部 静岡本部校出身
国公立

京都大学 文学部 人文学科 合格

センター試験はボーダー以上の点数が取れたものの、2次試験は数学の手ごたえが微妙だったので、合格発表をインターネットで確認したとき素直に嬉しかったです。結果的に私立大学含めて受験した大学はすべて合格でした。
受験勉強を振り返ってみると、模試の判定がなかなか上がらず苦戦はしましたが、「絶対合格する」という決意と自信はありました。
また、「合格最低点を見据えて勉強するのではなく、合格最高点を狙って勉強する」という強気の姿勢は常に持っていました。振り返ってみるとその確固たる信念・攻めの姿勢を持って1年間勉強し続けたことが僕の場合は功を奏したと思います。
苦手科目は数学と日本史でした。数学に関しては夏に問題をやりこむことで苦手を克服でき、得点源に変えることができました。日本史に関しては夏まで逃げ続けた結果、直前ギリギリまでやりこむこととなりましたがどうにか合格ラインまで持っていけたと思います。また、両科目とも秀英の先生に質問するなど予備校を積極的に活用しました。特に森下先生の難関英語と以西先生の日本史はとても印象的でした。
京都大学はセンスが問われるように見えて、(特に文系は)努力がものを言うと思います。1年のうちからコツコツ少しずつやっておけばかなり有利になると思います。また、ただ単に勉強をするのではなく戦略を持って勉強することも大事だと思いました。僕の場合は苦手な社会科目は早いうちからセンター試験を中心とした勉強をしました。マーク式に慣れることで点数が安定し、結果的に早稲田大学のセンター利用入試に合格したので、精神的に余裕をもって京都大学の2次試験に臨むことができました。
将来の夢はまだ決めていませんが、哲学者になることも視野に入れながら、4月から京都大学で勉強していきたいと思います。

名前 三瓶 郁杜
住所 神奈川県
高校 湘南高校
受験勉強を振り返って
医学部

秋田大学 医学部 医学科 合格

推薦入試という形で秋田大医学部に合格できたのは、医学に関する知識を普段から収集し面接試験での質問にもしっかりと回答できたことが一つの理由だと思います。
医学部入試は、医学に関する知識などの情報量が求められるため、意識的に情報収集に取り組んだ方が良いと思います。
また、英文の小論文試験も課されましたが、高1・2の時に受講していた東大・医進英語や高3で受講していた難関国公立大英語の中で得た知識が役立ちました。
特に引野先生の難関国公立大英語では内容把握を重視する授業で奥が深く、大学英語など将来的にも使える英語を学べ、感銘を受けました。
受験勉強を進める中で模試結果が振るわない時などは、模試の「復習ノート」を作成し、間違えた問題の類題を探し、それも一緒にノートに貼るなどの工夫をしました。類題を探すこと自体も記憶に残り良い勉強となったため、効率の良い勉強方法であったと実感しています。
また、秀英は質問体制がとても充実しており、授業担当の先生はもちろん、授業担当外の先生にも質問できました。疑問点をそのままにせず、理解を深められたこともありがたかったと感じています。

名前 竹内 峻
住所 静岡県
高校 静岡高校
秀英小中学部 静岡附属校出身
医学部

筑波大学 医学群 医学類 合格

合格発表を見たとき、正直なところ自分の受験番号を疑いました。本当に合格できるとは思えなかったので。ほっとしたと同時に嬉しさがこみ上げてきました。
受験勉強をするにあたっては、好きだった読書を一切断ちました。携帯電話も「ガラケー」にして、ゲームや漫画も周りから排除しました。僕は秀英予備校で東大・京大を目指すクラスに1年生からいたのですが、ここのテスト演習がとてもきついので、勉強の体力がついたと思います。1・2年から授業を受けていたことは、1週間の間に必ず勉強をする時間を作るという学習習慣につながりました。また、秀英にいて良かったな、と思ったのは「自習室」の存在です。家だと誘惑に負けてしまうし、図書館でも周りに本があるから同じ。自習室では自分の定位置を決めて、1・2年からいつも通っていました。
秀英予備校ではいろいろな先生にお世話になりました。物理の末永先生には今までやってきたことをいい意味で崩されて、本物の物理を学べたと思っています。英語の森下先生には1年生からずっと教わっていて、いつも分からないことを質問しまくっていたのですが、すべて丁寧に、納得がいくように教えてもらえました。夏には秀英の先生に言われたとおり大学の過去問題に取り組み始めました。オリジナルの『過去問ノート』を作り、分からないところをメモし、分からない理由となった要素を徹底して復習したり、問題の鍵となる知識をまとめたりしていました。さらに森下先生や化学の狗飼先生に答案を見てもらい、論述力も鍛えていきました。筑波大の本番入試では論述に苦戦したものの、何とか解答できて、秀英で鍛えてもらっていたのが生きたなと感じています。
今振り返ると、高校に入学したときは次に来る大学入試を甘く見ていました。浮かれていたと思います。大学入試は同じ受験でも、直結する未来が全然違う。今は高1・高2の皆さんにも絶対に自覚をして欲しいと思っています。
僕はこれから医師を目指して頑張ります。将来は「国境なき医師団」に所属して、戦争や災害、貧困で苦しんでいる人たちのために医師として働くのが夢です。高度な医療器具や設備のない世界では、自分の技術を高めるしかありません。これからも自分を鍛え続け、優れた医師となれるよう努力したいと思っています。

名前 福地 晴彦
住所 静岡県
高校 静岡高校
秀英小中学部 静岡附属校出身
医学部

名古屋大学 医学部 医学科 合格

合格をしたと分かったときは、びっくりしました。センター試験の得点は少し足りないと思っていて、厳しいことは承知のつもりでした。でも、第一志望の大学でもあったので、とても嬉しかったです。そのときは受験勉強のためにスマートフォンを解約していて結果発表も見られなかったので、親に見てもらい、結果はメールで携帯電話に送ってもらいました。メールを見たときの気持ちは忘れられません。
つらかったのは入試の本番でした。センター試験の最中に体調がすごく悪くなって、救護室に運ばれた時です。今考えると脱水症状だったのですが、身体が辛くて本当に死ぬかと思ったのと同時に、受験がこれで終わってしまうのかと思ってやりきれなくなりました。試験を中断したのがちょうど得意の数学だったので、余計に悔しかったです。
秀英予備校で勉強していて良かったなと思ったことは、苦手の国語を克服できたことです。特に古典が苦手だったのですが、秀英で古典の授業を受けたおかげでできるようになりました。授業といっしょに行う小テストも基礎知識をつけることができて良かったです。3年生のときに受けた古文の池田先生の授業ではよく当てられて、答えられないことが怖かった(笑)ので、予習をしっかりやるようになって自然と鍛えられました。また、2年生のときに受けた廣間先生の古文では源氏物語の話を詳しくしてくれたことがあって、苦手だった古文を初めて面白いと感じることができました。また、1年生から受けていた東大数学のクラスでは、授業の教材や講義内容がすごく難しくて大変だったものの、学校での勉強は反対にすごく楽に感じて、高校の成績では苦労しませんでした。
これから高校に入る1年生や、今の2年生には国語や数学はもちろんですが、特に英語の勉強をがんばることをおすすめします。英語は誰でも力をつけられる科目だと思うし、3年生になってからやるのでは知識をつけるだけの時間がないからです。
今は将来、どのような医師になるのか、何科に進むのかは決めていません。研究医の道にも興味があるので、大学で学びながら将来を考えていきたいと思っています。

名前 飯室 敬太
住所 静岡県
高校 清水東高校
苦手を克服して、逆境に耐えて、掴んだ合格

秀英予備校Webサイトへようこそ♪

【便利な機能「Myメニュー」のご紹介】

便利な機能
「Myメニュー」のご紹介

「Myメニュー」は、秀英予備校サイト内で利用できる お気に入り(ブックマーク)機能。
何度も閲覧するページなどを「Myメニュー」登録しておけば、 次回以降、ダイレクトにアクセスできます。
特に校舎ページや校舎ブログページへのアクセスに便利です!
登録方法は、ヘッダ部「」アイコンをクリックして完了!
>詳しくは「Myメニュー」ページへGo!