映像授業教師ブログ

いいね! 57

★★ 人気のブログです♪

2023年11月06日
【366】「誰のせいでもない」は英語で何て言う? ~秀英iD予備校映像教師ブログ~

こんにちは。
英語担当の糟谷です。
何かよくないことがあっても
原因が天気であったり、タイミングであったり
誰のせいでもないことってありますよね。
誰のせいでもない」は英語では
It’s no one’s fault. といいます。
no one は「誰も~ない」
faultは「責任」
日本語そのまま、という感じで
わかりやすいですよね。

A:Whose fault is it?
誰のせい?
B:It’s not your fault.
君のせいではないよ(君は悪くないよ)。
It’s all my fault.
全部、ぼくのせいだよ。

恋愛ドラマで使われそうなセリフです。

前回は接頭辞を紹介しました。
今日は接尾辞を紹介します。
接尾辞は、英単語の末尾について
品詞を変化させるものです。

覚えておくと便利な接尾辞を
いくつか紹介します。

【名詞になる】
er(~する人)>
teach(教える)+er(人) ➡ teacher(教師)

ee(~される人)>
employ(雇う)+ee(される人) ➡ employee(従業員)
⇔ employerは雇う人=雇用主

<ness(状態・性質)>
 kind(親切な)+ness ➡ kindness(親切)

【形容詞になる】
ful(~に満ちた)>
beauty(美)+ful ➡ beautiful(美しい)

ous(~に満ちた)>
fame(名声・評判)+ous ➡ famous(有名な)

ive(~の性質を持つ)>
act(動く)+ive ➡ active(活発な)

【副詞になる】
ly(~の性質をもつ)>
形容詞ly
quick(素早い)+ly ➡ quickly(素早く)
careful(注意深い)+ly ➡ carefully(注意深く)

(注)「名詞ly」は、形容詞になるので注意!
 friend(友達)+ly ➡ friendly(友好的な)
 time(時間)+ly ➡ timely(タイミングのよい)


接尾辞を覚えておくと
品詞が推測できるので、
問題が解けることがあります。

次の(  )にはア~ウのどれが入りますか?
(例) I saw a (  ) stone.
ア mass  イ massive  ウ massively
(※選択肢はすべて未修単語です)

「私は(  )な石を見た。」
(  )には、後ろのstoneを修飾する言葉
形容詞が入りますよね。
ここで、接尾辞(-ive)に注目!
-ive
は形容詞になりましたね。

答えは イ massive
ちなみに、massiveは「巨大な」

こんな風に、知らない単語であっても
接尾辞を知っていると解けることがあります。
接尾辞は他にもたくさんあります。
またいつか紹介します。お楽しみに!
************************************************************
家庭学習に困っているお友達には、
コチラを お勧めください!



★自宅学習コース 新規入会 受付中!


「自宅学習コース」のHPをチェック!




★約800本の動画を公開中♪★

YouTubeチャンネルはコチラ>
https://www.youtube.com/channel/UCZuxIPx5zryGbWp8658OvxQ



この記事にも「いいね!」をお願いします♪
目指せ!「100いいね!」

いいね! 57

★★ 人気のブログです♪

秀英予備校

入塾だけではなく、
学習についてのご相談も
受け付けております。
お気軽にお問い合わせください。

簡単申し込み!
まずはお気軽にご相談ください